吉村医院

産婦人科 吉村医院|いのちあたたまるお産・出産 産科・婦人科 愛知県岡崎市

HOME»  吉村医院ブログ  徒然なるままに

吉村医院ブログ  徒然なるままに

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

医療連携という役割分担    ~バレンタインに寄せて~


男女が営み命を宿す

新なる命を宿した女性は、
命がけの仕事を分担する

外来診察で
目の前に来られた女性が
無事お産する…

そのことが
夢となり、
夢中の日々の
この私。

ここ吉村医院で
そして私一人が
させて頂けることは、
極く極く
限られていて、
医療連携のおかげ様で、

その人の命が守られ
つながり
こだまする。

宿した女性が未来をつなぐ。

だから私も社会につなぐ。

甘く苦い
チョコレートのような喜びが
つながることを
ねがいながら。

その男女の内なる自然に

感謝しながら。



    たなかやすこ






 

2019-02-13 17:13:21

折りたたむ

妊婦ピクニック ~みんなと一緒に歩く~

寒い寒い中、出発



みんなで歩けばつらくない…



爽やかな汗をかきました



梅しょう番茶でひと息
からだの芯まであたたまりました
 

2019-02-12 16:59:00

コメント(0)

折りたたむ

産後ヨガ お母さんとあかちゃん



産後ヨガ後、ひとときの
ホッとティータイム

2019-02-04 14:35:00

コメント(0)

折りたたむ

妊婦ピクニック ~平原の滝~

久しぶりに、平原の滝へ行きました

風は冷たかったけれど
気分は爽快!





 

2019-01-29 16:59:34

コメント(0)

折りたたむ

両親学級という会合 ~チーム、仲間で安産めざす~

昨日は、妊娠後期の両親学級でした。
職員を含め、約20名が集まり、励まし合いました。
栄養士と共に食を学び、
お産の写真を見て、一人一人感想を言い合って
互いに感性を高め合いました。
そして、助産師と共に
”しなやかな産道と姿勢”を共有しました。
お腹の赤ちゃん、参加者一人一人、支えて下さるそのご家族へと、
静かに、にぎやかに、向き合う2時間半でした。
最後にお手を拝借して一本締めをしたくなる程でした。
実際しましたが。
それぞれが、別々の安産という山越えをしている
その道すがら、英気を養う時であらんことを願います。

         平成31年 1月23日 
              たなかやすこ







 

2019-01-23 12:45:00

折りたたむ

妊婦同士の交流サイト? ~雑木林で、生き物同士で安産目指す~

外来終えて、通院中の妊婦さん達とピクニック。
生き物同士の会話や対話。
有難き関わり、存分の命の祈り。
命は色々と多様性。
大小不同で雨あられ。
雨がちらほら、不安でしたが、
なんとか、かんとか、たのしく終了。
さわやか、晴ればれ、土の香り、木の呼吸。

         
          たなかやすこ


2019-01-15 17:17:58

折りたたむ

おせち料理 玄米もち

あけましておめでとうございます



おせち料理に愛を込めて

お雑煮は玄米もち


         厨房より

 

2019-01-01 17:13:00

コメント(0)

折りたたむ

謹賀新年


謹んで年頭のご挨拶を申し上げます




吉村医院を引きついで
今年は六年目。
いのししのように
まっすぐ丸く進みます。
今年も何卒宜しくお願い致します

  平成三十一年 元旦  田中 寧子


2019-01-01 10:11:00

折りたたむ

トツキトウカ、時間をかけて通してゆく ~年末のごあいさつ~

平成30年、今年も9割以上の方がご安産されました。
妊娠初期からトツキトウカ、
ゆっくりとじっくりと時間をかけて心と体を整えてこられました。

産道(さんどう)・・・自然分娩の場合は膣、帝王切開の場合は腹。
 

 胎児は産まれる産道を通って 新生児となり
 女性は産む道を通って 母となる


それぞれの産道は測り知れず、
険しかったり、易しかったりと、時と場により変化する。
通じ合ってゆきましょう。
日々刻々。

 子宮と地球、我が子と家族 
  そして自分自身。

日々、皆様方の生命力に感謝しております。

本年も
ご理解とご協力を誠に有難うございました。


   平成30年 師走  たなかやすこ






 

2018-12-28 18:18:28

折りたたむ

腹帯・はらおび・ふくたい、寒波に備え・・・高齢出産の私、腰痛や冷え対策

去年、44歳で高齢出産した私。妊娠中から安産祈願も含めさらしの腹帯を巻いていました。産後、1年半経過した今も、腰からお腹へグルグル巻いて体の中心から温めています。
お産で産道として役目を果たした緩んだ骨盤。朝は強めに巻くと体の中心が支えられて一日楽に過ごせます。
この身につけた腹帯は、いざとなれば、抱っこひも、おんぶひも、そして地震の際には救助の紐や包帯にもなるので、私にとってはお守りです。

とある朝、 
「ママ、しっぽがでてるよ」 
と息子が指摘。
ゆるんだ腹帯がおしりからトローンと垂れ下がっていて大笑い。

     たなかやすこ

2018-12-27 16:10:00

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5