吉村医院

産婦人科 吉村医院|いのちあたたまるお産・出産 産科・婦人科 愛知県岡崎市

※5月は暦通りに診察致します。
□ 5月の行事予定

・両親学級(火)
  前期 1日
  後期 15日
   13:00~

・妊婦ピクニック(火) 8日・22日
  13:00~15:30

・マタニティーヨガ(月) 14日・28日
  10:30~12:00

・産後ヨガ(月)   14日・28日
  12:15~13:15

母の会(木) 17日 申込不要
 9:30~12:00


 
□ 6月の行事予定

・両親学級(火)

 前期 5日
 後期 19日
  13:00~

・妊婦ピクニック(火)
   12日・26日
  13:00~15:30

・マタニティーヨガ(月)
  11日・25日
  10:30~12:00

・産後ヨガ(月)   
  11日・25日
  12:15~13:15

母の会(木)
  
  7日 申込不要
9:30~12:00


□今後の”母の会”は第一木曜に変更します
 
是非ご参加下さい
受付でお申込下さい
(お電話での申し込みは外来時間内にお願いします)
 
HOME»  吉村医院ブログ  徒然なるままに»  吉村医院 徒然なるままに

吉村医院 徒然なるままに

お知らせ・情報共有 吉村医院の日常風景 吉村医院 徒然なるままに
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2

吉村正先生を偲ぶ会

吉村正先生を偲ぶ会は、
訪れた皆様と和やかな時間を共有することができました。



皆様からの思い出より…
桜の花が咲きました。




ご来院いただきました皆様、
ありがとうございました。

2018-03-26 16:52:40

折りたたむ

妊婦ピクニック ~南公園で一句~



梅の花 
 
待っておられた

ピーチクパーチク


  

2018-01-30 15:00:00

コメント(0)

折りたたむ

ご挨拶

謹んで年頭のご挨拶を申し上げます

  「自然こそ真実」と
  吉村正先生は教えて下さいました。
  春夏秋冬
  生かされていることを活かして
  生命をつなげて参ります。
  五年目の今年も
  何卒宜しくお願い致します。

          平成三十年 元旦

             院長 田中 寧子

2018-01-01 00:00:00

折りたたむ

年末のご挨拶

4年目の今年も吉村医院で
診療させていただきました。

我が子が産まれ、
師匠が逝かれ、
大事な平成29年でした。

皆様のご理解とご協力に
心より感謝致します。

         院長 田中 寧子

2017-12-28 17:29:21

折りたたむ

院長復帰のご挨拶

 産休明けて一週間。吉村医院の同窓会に参加して、
なつかしい皆様と再会しました。
娘の誕生を共に喜んで下さりありがとうございました。
 帰り道、職員とともに日本晴れの空を見ました。
 台風のような厳しい自然や時代の難しさにも力を合わせて、
爽やかに乗り越えてゆきます。
今後ともよろしくお願い致します。
           平成29年 神無月  院長 田中寧子

2017-10-28 17:11:11

折りたたむ

感謝 ~外来復帰によせて~

 本日は秋晴れです。乾いてゆく沢山のおむつに安堵しながら授乳しています。自身の産後を順調に過ごさせて頂き、この恵まれた日々に心より感謝しています。
 10月20日から外来診療の復帰を致します。当面は月曜、水曜、金曜を担当します。院長として、吉村医院に対する情熱はより一層強まっています。何卒よろしくお願いいたします。
  9月吉日  たなかやすこ
 

2017-09-26 16:39:51

コメント(0)

折りたたむ

〈院長より 夏のご挨拶とご報告〉

 暑中お見舞い申し上げます。お蔭様で新生吉村医院も四年目の夏を迎えています。皆様のご厚情に感謝しております。
 今年初めより、自分自身の妊娠に対して、職員とともに力を合わせて、通院中の皆様にご理解とご協力を求め、春より4名の医師からの応援を頂きました。おかげさまで、7月末に無事出産できましたことをご報告致します。
 声を大いに出して(絶叫)、私なりの存分なお産でした。
そして、産後七夜通して床上生活して養生させて頂きまして、とても幸せでした。
 ふり返ると、約一ヶ月間、一妊婦として、自由な生活をし、陣痛が来ると、不安と痛みの中で、助産婦の優しさ、吉村医院の安心感に触れ涙し、どの過程においても新なる家族が無理なく誕生するようにと十分な配慮を受け、入院中の一皿一皿の美しき食事、手厚いお手当てなどを体の芯から享受して、今も産後ゆったりと過ごさせて頂いています。
 これらは、一重に協力して下さる医師、一丸となって支えてくれている職員、そして応援して下さっている皆様のおかげさまで成立した貴重で愛しき一刻一刻です。このかけがえのない吉村医院という時空に感謝しつつ、この場に素晴らしき息吹を与えて下さる人達を大事に大切にしてゆきたいと心底思いました。
 産む時の苦しみ、全てをお世話して頂きゆだねる時のあきらめ、など、生きてゆく中、楽なことばかりではありませんが、新なる命の嬉しさ、人の優しさ、万緑のなかの紅いさるすべり、蝉の声の旺盛さ、どれもが私の心身にしみ入り、英気をもたらします。
我が子となって来てくれた小さくも大きな存在を相棒として、存分に生き切ってご恩返しをしてゆこうと改めて決心しました。秋には子連れでの復帰となります。今後とも何卒宜しくお願い致します。
                                                             


       平成29年8月  院長 田中寧子

追伸:夜勤のできる常勤助産婦さんを心より募集しています。この豊かな仕事を共有して頂きたいです。ご遠慮なくお電話下さい。

 

2017-08-07 10:15:00

折りたたむ

ご挨拶

謹んで年頭のご挨拶を申し上げます

   
  ピッピピピ-- と小鳥の歌で朝がはじまり
  嬉しい 楽しいの安産会話の十ヶ月。
  あ-あ--あ---- と命がけの陣痛発声
  そうしてウンギャァ と呼吸と一生が始まります。
  コクン コクン と母子の授乳や音無き涙
    

  四年目の今年も何卒宜しくお願い致します。

 

  平成二十九年 元旦    
                           吉村医院   
院長 田中 寧子

2017-01-01 00:00:00

折りたたむ

助産師さん募集の案内とスタッフからのメッセージ2

『お産のお鍋』(REBORNのメーリングリスト)に求人広告2を掲載致しました。
お産に立ち合った感想や助産師からのメッセージがあります。


お産のお鍋の会員の皆様へ
 
新学期、新年度いかがお過ごしでしょうか?
吉村医院の院長の田中寧子です。
許可得ての求人広告です。
常勤の助産師さん、看護師さんを募集しています。
 
「桜咲く 姉妹が母に 子供らと」
先日立会ったお産で作ったものです。
自身に一人、姉に三人、妹に一人、全員吉村医院生まれの子供たちが立ち会う中ご安産されました。新生児をしっかりと抱いた母は、「みんなが立ち会ってくれて嬉しかったよ。」を5人の子供らに伝えておられました。夫やご両親も見守る中、命が満開といった光景でした。この3姉妹を生んだ祖母に当たるに女性は「もう、言うことない。」と感無量のご様子。
吉村正先生が50年間続けてこられ、「お産は文化」であるということを、今もなお産を通して教えて下さっています。
文化とは人々の生き様で、それを共有することで豊かになってゆきます。
是非とも共有してゆきませんか?今日と明日そして何百年と豊かにしてゆきましょう。
新しき仲間を募集しています。
 
以下、当院の助産婦からのメッセージです。
 
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
吉村医院にご縁を頂き、勤めだして半年経った頃、
いくつかのお産に立ち合うことができ、ああこれが本来のお産の姿なんだと
すとんといつの間にか、理解している自分がいました。
それは、ここでは、産婦さん・ご家族・赤ちゃん、みんなが本当に大切にしたいことを
大切にしているからだと思います。
ひとりひとりの産婦さん・ご家族とじっくり向き合い、家族みんなでむかえるお産の
あたたかさ・感動・嬉しさを一緒に味あわさせて頂くことができる幸福は
何にも変えられません。
吉村医院の魅力はそこにあると思います。
 
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 
 
新しき仲間を、心より募集しています。
 
吉村医院:愛知県岡崎市の産婦人科http://www.ubushiro.jp/
まずは見学・研修をお待ちしています。 
お気軽にお電話ください。0564-51-1895
 
4月10日 よしむらいいん たなかやすこ
 
<追伸>
つい先ほどのお産でのこと。ご安産後の胎盤供覧時に、助産婦が「美しいですね」と言うと産婦さんはうなづき、夫が「美しいっていうんだ、、、。」と。立ち会った助産婦(師)二人は、微笑みながら胎盤に感謝している、そんな光景でした。胎盤は地球のように青白く、たっぷりと滋養を含んだ台地のようでした。
 

2016-05-12 13:43:12

折りたたむ

助産師さん募集の案内とスタッフからのメッセージ


 吉村医院の求人広告を『お産のお鍋』(REBORNのメーリングリスト)に掲載しました。
 
>>>>>>>>>>>
 
お産のお鍋の会員の皆様へ
 
吉村医院、院長の田中寧子と申します。
愛知県岡崎市の産婦人科です。http://www.ubushiro.jp/
常勤の助産師、看護師を募集しています。
吉村正先生が50年かけて自然なお産の場を作って下さいました。ここで産みたい方々、ここで生まれたい赤ちゃん達を丁寧にお迎えしたい。その一心で引き継がせて頂き、未熟ながらも3年目となりました。一重に皆様のご厚情のおかげと感謝しております。
新しい命や家族を真心こめて迎えられるように、当院の助産婦(師)、看護婦(師)、そして全職員が一丸となって日々頑張っています。じっくりと、しっかりと命に向き合う為にも職員一人ひとりの人生が充実してあってほしい。そのために助け合える新しき仲間を募集します。
吉村医院は、家族の「嬉しい」が連鎖してゆき、確かな和平につながる場です。
まずは、見学、研修に来て頂ければ幸いです。
0564-51-1895までお気軽にお電話ください-。
以下当院の理念です。
「子宮と地球に優しく生きて/丈夫で豊かな命をつなぐ/女の喜びの「嬉しい」がおのずと命をあたためる/いのちあたたまる今日と明日」
 
平成28年2月新月の波に寄せて 
吉村医院 たなかやすこ
 
 
 【許可得て求人広告】吉村医院・安産をめざして
お産のお鍋の会員の皆様へ
吉村医院、院長の田中寧子です。
常勤の助産婦(師)、看護婦(師)を募集していす。2度目のお便りになります。
今回は当院助産婦の二人からのメッセージです。
…………………………………………………………………………………………………………
「赤ちゃんのペースでのお産。赤ちゃんの生命力、生まれた赤ちゃんを胸に抱くお母さんの表情。助産師として、人として、幸せな有難い時間をもらっています。自然に待つこと、見守ること。助産師として大切なことを行える医院だと思っています。田中先生は、患者さんだけではなく、私達スタッフのことも尊重してくれます。子育て中のスタッフも多く、生活を大切にしながら仕事も大切にできる、そんな医院です。時には悩むことも迷うこともありますが、赤ちゃんとお母さんのために一緒に仕事ができる人が来てくれると嬉しいです。」
………………………………………………………………………………………………………….
「『いのち』の芽が、やがて輝く花を咲かす場所です。一瞬一瞬の人生を積み重ね、産婦さんたちと共に、『いのち』に磨きをかけましょう。一人ひとりの方々の幸せな人生を目指して、一緒に働きましょう。」
…………………………………………………………………………………………………………..
 
新しき仲間を、心より募集しています。
 
吉村医院:愛知県岡崎市の産婦人科http://www.ubushiro.jp/
まずは見学・研修をお待ちしています。 
お気軽にお電話ください。0564-51-1895
 
「子宮は、地球で、宇宙だな、、、。」 
診療を終え、助産婦さんと話していてそんなことを思いました。  
平成28年 如月 たなかやすこ
 

2016-03-11 17:04:29

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2