吉村医院

産婦人科 吉村医院|いのちあたたまるお産・出産 産科・婦人科 愛知県岡崎市

HOME»  吉村医院ブログ  徒然なるままに»  吉村医院 徒然なるままに

吉村医院 徒然なるままに

お知らせ・情報共有 吉村医院の日常風景 吉村医院 徒然なるままに
  • 件 (全件)
  • 1

ご挨拶

謹んで年頭のご挨拶を申し上げます

   
  ピッピピピ-- と小鳥の歌で朝がはじまり
  嬉しい 楽しいの安産会話の十ヶ月。
  あ-あ--あ---- と命がけの陣痛発声
  そうしてウンギャァ と呼吸と一生が始まります。
  コクン コクン と母子の授乳や音無き涙
    

  四年目の今年も何卒宜しくお願い致します。

 

  平成二十九年 元旦    
                           吉村医院   
院長 田中 寧子

2017-01-01 00:00:00

助産師さん募集の案内とスタッフからのメッセージ2

『お産のお鍋』(REBORNのメーリングリスト)に求人広告2を掲載致しました。
お産に立ち合った感想や助産師からのメッセージがあります。


お産のお鍋の会員の皆様へ
 
新学期、新年度いかがお過ごしでしょうか?
吉村医院の院長の田中寧子です。
許可得ての求人広告です。
常勤の助産師さん、看護師さんを募集しています。
 
「桜咲く 姉妹が母に 子供らと」
先日立会ったお産で作ったものです。
自身に一人、姉に三人、妹に一人、全員吉村医院生まれの子供たちが立ち会う中ご安産されました。新生児をしっかりと抱いた母は、「みんなが立ち会ってくれて嬉しかったよ。」を5人の子供らに伝えておられました。夫やご両親も見守る中、命が満開といった光景でした。この3姉妹を生んだ祖母に当たるに女性は「もう、言うことない。」と感無量のご様子。
吉村正先生が50年間続けてこられ、「お産は文化」であるということを、今もなお産を通して教えて下さっています。
文化とは人々の生き様で、それを共有することで豊かになってゆきます。
是非とも共有してゆきませんか?今日と明日そして何百年と豊かにしてゆきましょう。
新しき仲間を募集しています。
 
以下、当院の助産婦からのメッセージです。
 
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
吉村医院にご縁を頂き、勤めだして半年経った頃、
いくつかのお産に立ち合うことができ、ああこれが本来のお産の姿なんだと
すとんといつの間にか、理解している自分がいました。
それは、ここでは、産婦さん・ご家族・赤ちゃん、みんなが本当に大切にしたいことを
大切にしているからだと思います。
ひとりひとりの産婦さん・ご家族とじっくり向き合い、家族みんなでむかえるお産の
あたたかさ・感動・嬉しさを一緒に味あわさせて頂くことができる幸福は
何にも変えられません。
吉村医院の魅力はそこにあると思います。
 
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 
 
新しき仲間を、心より募集しています。
 
吉村医院:愛知県岡崎市の産婦人科http://www.ubushiro.jp/
まずは見学・研修をお待ちしています。 
お気軽にお電話ください。0564-51-1895
 
4月10日 よしむらいいん たなかやすこ
 
<追伸>
つい先ほどのお産でのこと。ご安産後の胎盤供覧時に、助産婦が「美しいですね」と言うと産婦さんはうなづき、夫が「美しいっていうんだ、、、。」と。立ち会った助産婦(師)二人は、微笑みながら胎盤に感謝している、そんな光景でした。胎盤は地球のように青白く、たっぷりと滋養を含んだ台地のようでした。
 

2016-05-12 13:43:12

助産師さん募集の案内とスタッフからのメッセージ


 吉村医院の求人広告を『お産のお鍋』(REBORNのメーリングリスト)に掲載しました。
 
>>>>>>>>>>>
 
お産のお鍋の会員の皆様へ
 
吉村医院、院長の田中寧子と申します。
愛知県岡崎市の産婦人科です。http://www.ubushiro.jp/
常勤の助産師、看護師を募集しています。
吉村正先生が50年かけて自然なお産の場を作って下さいました。ここで産みたい方々、ここで生まれたい赤ちゃん達を丁寧にお迎えしたい。その一心で引き継がせて頂き、未熟ながらも3年目となりました。一重に皆様のご厚情のおかげと感謝しております。
新しい命や家族を真心こめて迎えられるように、当院の助産婦(師)、看護婦(師)、そして全職員が一丸となって日々頑張っています。じっくりと、しっかりと命に向き合う為にも職員一人ひとりの人生が充実してあってほしい。そのために助け合える新しき仲間を募集します。
吉村医院は、家族の「嬉しい」が連鎖してゆき、確かな和平につながる場です。
まずは、見学、研修に来て頂ければ幸いです。
0564-51-1895までお気軽にお電話ください-。
以下当院の理念です。
「子宮と地球に優しく生きて/丈夫で豊かな命をつなぐ/女の喜びの「嬉しい」がおのずと命をあたためる/いのちあたたまる今日と明日」
 
平成28年2月新月の波に寄せて 
吉村医院 たなかやすこ
 
 
 【許可得て求人広告】吉村医院・安産をめざして
お産のお鍋の会員の皆様へ
吉村医院、院長の田中寧子です。
常勤の助産婦(師)、看護婦(師)を募集していす。2度目のお便りになります。
今回は当院助産婦の二人からのメッセージです。
…………………………………………………………………………………………………………
「赤ちゃんのペースでのお産。赤ちゃんの生命力、生まれた赤ちゃんを胸に抱くお母さんの表情。助産師として、人として、幸せな有難い時間をもらっています。自然に待つこと、見守ること。助産師として大切なことを行える医院だと思っています。田中先生は、患者さんだけではなく、私達スタッフのことも尊重してくれます。子育て中のスタッフも多く、生活を大切にしながら仕事も大切にできる、そんな医院です。時には悩むことも迷うこともありますが、赤ちゃんとお母さんのために一緒に仕事ができる人が来てくれると嬉しいです。」
………………………………………………………………………………………………………….
「『いのち』の芽が、やがて輝く花を咲かす場所です。一瞬一瞬の人生を積み重ね、産婦さんたちと共に、『いのち』に磨きをかけましょう。一人ひとりの方々の幸せな人生を目指して、一緒に働きましょう。」
…………………………………………………………………………………………………………..
 
新しき仲間を、心より募集しています。
 
吉村医院:愛知県岡崎市の産婦人科http://www.ubushiro.jp/
まずは見学・研修をお待ちしています。 
お気軽にお電話ください。0564-51-1895
 
「子宮は、地球で、宇宙だな、、、。」 
診療を終え、助産婦さんと話していてそんなことを思いました。  
平成28年 如月 たなかやすこ
 

2016-03-11 17:04:29

産婦さんから頂いたお手紙から抜粋

(産婦さんから頂いたお手紙から抜粋) 
 
 この度も大変お世話になりました。私のこの人生で貴重なお産をさせて頂くことができ、とても幸せです。お産だけでなくお産までの日々すべてがこの日のために積まれたものなのかと、また幸せに思い、言いつくせない感謝の気持ちでいっぱいです。夫は、出産した瞬間の私を見て、「この人はこのために生まれてきたんだ」と思えるような顔をしていたと話してくれました。私にとって何よりも嬉しい彼からの言葉でした。「そうだもん!」と誇らしげに返しました(^^)

このために生まれてきた・・・
私の中では、今までの日々はこのためにあったんだの解釈ですが、お産を迎えてその後の日々は、とても楽しく、忙しく悩ましくもあり、充実しています。
子どもたちが将来迎えるであろうお産、その日のために日々があるのでしょう。
 そのつながりも感じつつ、日々を過ごしてゆきたいと思います。
 
(御主人さん)
 
 この度は、第二子の出産に立ち会っていただいてありがとうございました。今回の出産は、出血がひどくて、ハラハラドキドキな場面もありましたが、無事産まれてきてくれて、一安心です。元気に産まれてきてくれた事への感謝&安心感で、しばらくの間、男の子か女の子かも知らないまま、幸福感にひたっていました。だいぶ時が経ってから「あれ?そういえば(性別)どっちやったっけ?」という始末でした。あまりにも夢中になりすぎていたんでしょうね。お産の瞬間の妻の表情は、今までに見たこともないくらい『キラキラ』に輝いていました。そして、その時、僕の瞳からはポロポロ涙がこぼれていました。後になって、その涙の理由を思い返してみたんですが、一つは、ただ無条件に僕の心が洗われていた事、一つは無事に生まれてきてくれた事への喜び、そしてもう一つは、妻の人生の中でも集大成となる瞬間、本気に命が輝いている瞬間に立ち会えた事への喜び・・・なのかぁと思いました。
 家族みんなで出産に立ち会えるなんて、本当に恵まれていますね。

 

2016-02-22 13:36:49

年賀状

 謹んで年頭のご挨拶を申し上げます。

子どもが産まれる瞬間は
日の出と似ています。
スーッと光が広がって
その日とその場を照らします。
全ての生き物の今日と明日
あたたまるようにと尽くします。

三年目の今年も何卒宜しくお願い致します。

平成28年 元旦
吉村医院 院長 田中寧子

2016-01-01 12:33:00

第14回同窓会の御報告『安産三原則』の歌詞掲載しました。

吉村医院 第14回、そして新生吉村医院では第一回目の同窓会が行われました。
その中で、「安産3原則のうた(吉村節)」の歌と踊りをしました。
おかげさまで盛況でした。
参加できなかった方とも共有させていただければ幸いです。
以下、その歌詞です。

安産三原則のうた(吉村節)
 原曲 赤田首里殿内(あかたすんどうんち)
 創作の詞 吉村先生をこよなく愛する産婆組合 
 踊り振り付け かんながら愛(めぐみ)
 
1)赤ちゃんが 来てくれたら 大いに身体を動かそう
  水くみ まき割り 拭き掃除 畑仕事
  ごろごろしないで 幸せなお産
2)昔ながらの 伝統的な 日本のご飯を食べましょう
  確かな食べ物をいただいて身体をつくりましょう
  ぱくぱくしないで 幸せなお産
3)いいかげんな 知識なんかに 振り回されない ひるまない
  おだやかで 平和のこころ 赤ちゃんありがとう
  びくびくしないで 幸せなお産
4)ゴロゴロ パクパク ビクビクしないで 未来の日本のこの為に
  未来の日本の子の為に 誇り高く 心に決めて お産に臨みます
  世界に広がれ 幸せなお産
 
繰り返し
 ※ ゴロゴロ・パクパク・ビクビクいないで
   世界に広がれ 幸せなお産

2014-12-26 11:22:52

  • 件 (全件)
  • 1